よくある質問一覧

患者様から人間ドック・脳ドックについてよくある質問をまとめております。ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

前日にスポーツをする予定ですが、問題ないですか?

検査日が近づきましたら、ゴルフや野球、マラソンなどの激しい運動は避けていただくようお願いしています。過度な運動をされますと蛋白尿がでてしまったり、腎臓の機能が落ちてしまう可能性があるためです。体操や軽いウオーキング等であれば差し支えありません。

前日に飲酒の予定ですが、避けた方がよいですか?

お酒には糖質が多く含まれています。糖質や脂質、尿酸値は食事でも上昇しますが、21時以降の飲酒は禁止させていただいております。また、アルコールは利尿作用が強いので、前日に多量に摂取されますと、脱水傾向になったり、尿検査に影響しますので、ご注意下さい。

当日の喫煙はなぜいけないのでしょうか?

喫煙すると、胃腸の動きが活発になり、検査で正確な判定がでない場合がございますので、起床時からの禁煙をお願いしています。

コンタクトレンズをしていても大丈夫ですか?

裸眼視力検査がございますので、メガネの持参をおすすめします。

ロッカーや更衣室は完備していますか?

用意してございます。検査着に着替えていただきます。しかし、貴金属や不必要な現金はお控え下さい。

MRIはCTよりどこが優れているのですか?

CTはX線を使って検査するのに対して、MRIは大きな磁石による強い磁場とFMラジオなどに使われているような電波を使って検査します。ですからMRIは放射線の被ばくがなく、安心して検査を受けることが出来ます。そのほかにMRIは任意の断面(縦・横・斜め)を撮影できるのが特徴です。(最近のCTも輪切りの画像だけではなく、縦や斜めの画像を描出することは出来ますが、自由度はMRIの方が優れています。)また、MRIは造影剤を使用しなくても、主な血管の画像を得られるなどの特徴があります。

MRIはどうして大きな音がでるのですか?

強い磁場を発生させることでMRI装置自体が振動して音が出ます。これを高速で行うことで音が連続して発生して、騒音として聞こえてきます。検査中の音が苦手、不安な方は耳栓などをご用意してありますので、お気軽にご利用ください。

MRIは検査のとき、どうして金属類をはずすのですか?

強い磁場を発生させるので検査室の中は金属が装置に引っ張られる危険性があります。また、金属が高温となり、火傷の恐れがありますので、検査室入室前に金属類を外していただきます。取り外しのできない金属類や、何かご不明な点がございましたら、お気軽に放射線技師にお問い合わせください。

検査の前に食事しても大丈夫ですか?

検査する目的部位によって食事の制限が異なります。腹部の検査を受けられる方は検査予約時間6時間前からは食事を摂らないようにして下さい。腹部の検査以外、食事制限は特にありませんので、食事をされても大丈夫です。ただし、当日に胃カメラや腹部超音波検査など人間ドックもを予定されている方は食事をしないでください。

PAGE TOP