平成30年3月月間

インフルエンザの患者様が大幅に減少し、代わりに溶連菌感染の患者様が増加傾向です。発熱、強いのどの痛み、飲み込み時の痛みやご家族に溶連菌性咽頭炎の方がいれば、溶連菌感染症の疑いがあります。手洗いで感染予防しましょう。

関連記事

  1. アイキャッチ

    平成30年12月月間

  2. アイキャッチ

    令和元年11月月間

  3. アイキャッチ

    令和2年1月月間

  4. 医師コロナ感染に伴う診療制限のお知らせ

  5. アイキャッチ

    令和2年3月月間

  6. アイキャッチ

    平成30年11月月間

facebook

最近の記事

  1. アイキャッチ
  2. アイキャッチ
  3. アイキャッチ
  4. アイキャッチ
PAGE TOP