~昨冬の新型コロナウイルス感染症に対する診療実績報告~

 令和2年10月10日より、当クリニックは、今冬の新型コロナウイルス感染症収束に向けて、東京都から診療・検査医療機関に指定されました。これにより、小児からご高齢の方まで発熱等の症状を訴える患者様や新型コロナ感染症の濃厚接触者様に対して診療・検査を今日まで継続してまいりました。そのような中で、所轄の西多摩保健所さまからも多くの検査依頼をいただき、西多摩地区全域から患者様が来院されました。

 令和3年3月31日で厚生労働省からの令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業が終了になりましたので、令和2年10月10日から令和3年3月31日までの実績をご報告いたします。

PCR及び等温核酸増幅法を用いた遺伝子検査総実施件数 1805件、うち陽性数 116件(陽性率6.4%)

ピーク時の2021年1月月間は検査総実施件数 475件、うち陽性数 48件(陽性率10.1%)

 新規患者様受診の一部制限や健診、予防接種などの通常診療制限など、新型コロナ診療に軸足を置いた形となり、ご不便をおかけいたしましたことをお詫びいたします。また、診療・検査に協力していただきました近隣薬局及びPPE、仮設プレハブ、陰圧装置、遺伝子検査装置など新型コロナ診療を行う上で必須物品、設備を迅速に提供していただきました厚生労働省担当部局、東京都福祉保健局、西多摩医師会様、取引業者様に深く感謝いたします。変異株が出現し、我々医療従事者自身まだワクチン接種の見通しも立たない中ですが、今後も新型コロナウイルス感染症に係る診療・検査体制を医療機関の務めと考え、かかりつけの患者様にできる限り提供してまいります。

管理者 小林 雅史

facebook

最近の記事

  1. アイキャッチ
  2. アイキャッチ
  3. アイキャッチ
  4. アイキャッチ
  5. アイキャッチ
  6. アイキャッチ
PAGE TOP